価格と品質の関係

作成価格はロゴ作成会社、そして社内のプランによって、ピンからキリまで存在します。プランの違いによる値段の格差に関しては、高額になるほどサポート体制や製作デザイナーチームの人数、ロゴを作成した後の打ち合わせ回数といった内容が充実します。プランの選択に関しては、企業判断で構いませんが、ロゴは企業の看板とも言えるべき存在なため、大金を掛けてでも納得のいくロゴを作成して欲しいという企業も少なくありません。

ロゴ作成会社によっても値段の差は出てきますが、納期を重視している、納期は遅めだが質を重視しているといったように作成会社ごとに特徴があります。起業を考えていて、早急にロゴを作成したい、時間が掛かっても良いから納得のいくロゴを作成して欲しいなど、ニーズも多岐に亘るので、自社に合った作成会社を選びましょう

作成会社とはまた違いますが、フリーで活動しているデザイナーに報酬を提示し、ロゴを作成してもらう方法もあります。しかし、この方法は応募者の過去の実績を大まかにしか見ることができないこと、フリーで活動しているデザイナーには経験が浅い人も多くいるため、納得のいくロゴが納品されない可能性があります。しかし、自社で値段を提示できるので、運よく自社イメージと合う作品が納品された場合、費用対効果が高くなる可能性もあります。実績があるロゴ作成会社に依頼する事はリスク削減にもつながるでしょう。

ロゴ作成の実績は重要

大体のケースで、ロゴ作成はロゴ作成会社に依頼することが主流となっていますが、ロゴ作成会社は数多くあり、どの会社に依頼すればよいのか分からないという感想を抱く方が多いと思います。ロゴ作成会社で注目すべき点は値段と実績で、特に注目したい部分が実績です。

パソコン実績は、大体のロゴ作成会社が掲載しており、実績の数も重要ですが、これまで作成したロゴデザインにも注目し、自社のイメージと合うデザインがあるかを探します。実績一覧をみると、ロゴ作成会社に在籍するデザイナーの傾向が見えてきます。特定の業種のロゴ作成実績が多い、堅いイメージ、軟らかいイメージといった傾向が分かります。もちろん、どんな業種にも対応できるよう、どのロゴ作成会社もデザイナーが複数、在籍しています。

ロゴ作成の打ち合わせに関しても、発注企業に合った方法を提案します。イメージが固まっている企業であれば、打ち合わせ担当者に下絵や口頭で希望を伝え、発注企業の希望イメージに沿った原案を作成し、話し合いを続けながらイメージに近い形へと修正していきます。発注企業に時間がなく、全てをロゴ製作会社に任せたいという場合でも、打ち合わせ担当者が受けた印象をロゴ製作会社に持ち帰り、ロゴを提案することも可能です。やはり、実績を積んだロゴ作成会社は希望の汲み取り方や企業イメージをロゴで表現する能力に長けていて、満足度が高いです。